EyeLoveYou第6話のネタバレ感想!第一章完結!感動のクライマックス

当ページのリンクには広告が含まれています。

第6話は「第一章完結」ということでしたが、どうでしたか?

私が第5話で好きだったシーンは、花岡が侑里の背中を押すシーンです。

クライマックスのシーンより花岡で号泣してしまいました。

ということは、私は花岡派??

→見逃し配信はTver【テオの”心の声”字幕付きSPバージョン】

→全話見れるのはU-NEXT 

目次

EyeLoveYou第6話のネタバレ感想:気まずい北海道出張

第5話の最後、テオは侑里に振られてしまいましたね。

そんな状況の中、テオはインターン生から正社員になり、仕事のため侑里、テオ、花岡の3人で北海道に出張に行くことになります。

侑里とテオとの間には気まずい空気が流れっぱなしで・・・。

そして、おなじみの「テオ×花岡」。

テオは花岡に、「侑里に振られた」ことを話し、「侑里が好きなのか」詰め寄ります。

テオは恋のライバルである花岡には結構強めに攻めていて思わず笑っちゃいました♪

花岡もテオに最愛の人を奪われてしまったのに、ちょっとタジタジしてたの面白かったです^^

ホテルでの夜、アイヌの言葉「オハイヌ=神の声を聞く力」に出会います。

これは、侑里の人の心の声が聞こえることのヒントになっていくのでしょうか?

「北海道、ラッコ、アイヌ・・・」これからのキーワードになっていきそうですね。

侑里とテオが星を見るシーンもよかったですねー。

テオが流れ星を発見して願い事の話になったのですが、テオの願い事は叶わないと悟り・・・

テオが先に部屋に帰ろうとすると侑里が引き留めてしまいます。

「僕はもう侑里さんのこと好きじゃないです」

ウソだよ ごめんね 実は僕・・・あなたをすごく愛してる

EyeLoveYou第6話のネタバレ感想:ヌナの登場と侑里の告白

第6話でついに、幼い頃テオに絵本を読んでいた女性が登場しましたね。

「投資家 ミン・ハナ」と名乗っていました。

侑里の秘密が明らかになるキーパーソンと言えそうです。

次の日の朝、テオは「霧多布岬(きりたっぷみさき)」に行くので北海道に残ると聞き、侑里はテオへの気持ちが抑えられず・・・

花岡はそんな侑里の気持ちを察し、テオの元へ行くように言う。

それでも迷う侑里に、「じゃんけんでオレが勝ったらテオの元に行く」と花岡は言い、二人はじゃんけんをする。

大学のころからずっと後出しして侑里に負けていた花岡・・・

好きだった侑里に勝たせてあげたくて・・・

でもとうとう侑里にわざと勝ってしまうのです。

もう、ここで号泣ですよ!花岡が切なすぎて!!大学からずっとずっと好きだったのに!!

侑里に幸せになってほしくて自分は身を引く。花岡、推せます♪

そして、霧多布岬にいるテオに会いに行く侑里。

テオは灯台の上に、侑里は灯台の下に。

テオに告白しようと頑張る侑里だが、なかなか言い出せない。

するとテオが「お米は好きですかー?」「はい!すきです!!!」

第1話と同じご飯のやりとりです♪

「カレーは好きですか?」「すきです!」

「チャーハンは好きですか?」「チャーハンもすきです!」・・・

「じゃ、ボクは?」「すきです!!テオくんのことがすきです!!大好きです!!!」

「僕も好きです!愛してる!すごく愛してるー!!!」

最後は韓国語で侑里の愛を叫ぶテオ。感動しちゃいましたね。

ちなみにテオはご飯のやりとりくらいから少しうるうるしてるんですよ!

振られたけど、まだすごく愛している人から告白されたらそりゃ嬉しいですよね♪

本当にテオの表情の繊細さはこのドラマの見どころのひとつです。

EyeLoveYou第6話のネタバレ感想のまとめ

ついに侑里とテオはお互いに気持ちが通じて恋人になりました♪

しかし、ドラマの最後では教授が侑里の能力の秘密に気づいたようでしたし、ヌナの登場も何か意味がありそうです。

第7話からは「第2章」に入り、物語も後半戦になります!

今から「ユリテオロス」がちょっとこわいですが^^;

私はすでに「花岡ロス」であります(笑)

今はTVerで見逃し配信できますが、配信が終わってしまったらU-NEXT で観ることができます!

  詳しくは↓↓↓

ドラマ観るなら<U-NEXT>

※上記の情報は2024年2月29日時点のものです。

最新情報は公式サイトにてご確認ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こんにちは!猫と暮らす40代ママです。ファッション、ショッピング、そして音楽が大好きです。週末には家族や友達とショッピングを楽しみますが、何よりおうちが大好き♪。
このブログでは、私の好きなものや知識、そして皆さんに役立つ情報を発信していきたいと思います。特に、最近はAIがライフスタイルにも多く影響を与えるようになってきたので、その点にも触れていきたいと考えています。

目次